SIMUL CAFE

通訳?海外営業?英語を使った様々な仕事の種類

通訳?海外営業?英語を使った様々な仕事の種類

英語の勉強をしている人のなかには、「将来、身につけた英語スキルを活かして仕事をしたい」と考えている人も多いのではないでしょうか? しかし、英語というのはあくまでも「ツール」のひとつですから、仕事によってプラスαで必要なスキルや技術は異なります。そこで今回は、英語を使って活躍できる代表的な仕事の種類をピックアップして、詳しく解説していきたいと思います。

英語を使った専門職

英語を使った専門職は、高い語学力が必要なことはもちろん、専門スキルや資格などが必要であり、フリーランスとして長く働き続けることができるのが特長です。

通訳

異なる言語を話す人たちの間に入り、双方の言葉を訳す「通訳」は、多くの英語学習者があこがれる職業のひとつです。国際会議での通訳を行う「会議通訳」や、企業の商談などを担当する「ビジネス通訳」、海外から来た外国人観光客を案内する「通訳ガイド」など多くの分野があり、グローバル化が進む日本において様々なシーンでの需要が高まっています。

また、通訳には話を区切りながら訳していく「逐次通訳」と、話し手が話すのを聞きながら同時に訳を伝える「同時通訳」、話し手の傍らに立って同時通訳を行う「ウィスパリング」といった手法があり、それぞれ活躍の場が異なります。難易度的には、逐次通訳は通訳業務の基本となる手法で、同時通訳やウィスパリングを行うためにはさらに高い通訳技術が必要です。

翻訳

「翻訳」の仕事は、文章を外国語から日本語へ、日本語から外国語へ訳すことです。翻訳には主に、小説、絵本などのフィクションや、ビジネス書、観光ガイドなどのノンフィクションを訳す「出版翻訳」、学術書やマニュアル、ビジネス文書を訳す「産業翻訳」、海外ドラマや映画などを翻訳して字幕をつくる「映像翻訳」といったものがあります。相手へ正確に、かつわかりやすく内容を伝えるためには、高い英語スキルだけでなく日本語の表現力も必要とされており、そのため翻訳者として仕事をする人の多くは、独学ではなくスクールに通うなどして専門的な技術を身につけている人が多いようです。

上記以外の英語を使った専門職としては、日本人に英語を教える「英語講師」や、外国人に日本語を教える「日本人講師」などもニーズの高い仕事として挙げられます。

英語を使って企業で働く

グローバル化の進む日本では、ビジネスの場面でも英語を使う機会が増えています。英語を使って企業で働く場合には、専門的なスキルは特に必要ありませんが、外国人と不自由なくコミュニケーションがとれるレベルのビジネス英語が必要です。目安としてはTOEIC®700点〜800点ほどあると良いでしょう。

海外営業

「営業」という名の通り、自社の製品やサービスを海外に向けて売り込んでいくのが主な仕事です。自社で開拓した市場に売り込むこともあれば、海外の代理店と協力してビジネスを展開していくケースもあります。日常的な会話ができるレベルの英語力は必須で、さらにその業界で使われている専門用語が必要になることがあります。海外の取引先と対等にやり取りをするためにも、海外市場に対する知識があるとより安心でしょう。

バイリンガルセクレタリー

英語と日本語の2カ国語を使って仕事をする秘書のことをいいます。外資系企業などで外国人の上司について秘書業務を行うこともあれば、海外と取引のある日本企業で日本人の上司について仕事をする場合もあります。スケジュール管理や来客応対、報告書や会議資料の作成といった秘書業務を行うためのビジネスマナーやパソコンスキルが必要なだけでなく、上司宛のメールや手紙、報告書などを訳すといった翻訳業務や通訳業務を行えるだけの語学力も必要とされます。

上記以外に英語を使って企業で働く仕事としては、メールや電話の対応といった一般事務を英語で行う「英文事務」や、最近では訪日外国人の増加に伴い英語で対応ができる「電話オペレーター」なども挙げられます。

いかがでしたでしょうか。一口に「英語を使う」といっても様々な仕事があり、必要な英語力はそれぞれです。サイマル・アカデミーでは、通訳や翻訳の専門スキルの習得や、ビジネスで通用する英語力を強化することができます。また、通訳・翻訳のお仕事からバイリンガルセクレタリー等の企業内での仕事までレベルに応じてキャリアカウンセリングと仕事の機会を提供するキャリアサポートも行なっています。英語を使った仕事や英語力アップに興味がある方は、ぜひご検討ください。

英語コースの詳細はこちら
キャリアサポートの詳細はこちら

お問い合わせはこちら

サイマル・アカデミーに関するご質問、お問い合わせ・資料請求はこちらから。

お問い合わせ・資料請求