講師メッセージ

成瀬由紀雄

成瀬由紀雄

翻訳者養成コース講師

商社勤務、高校の英語教師、編集業務などを経て、フリーランスの産業翻訳者に。サイマル・インターナショナルの英日翻訳にも従事している。

Q1. 授業ではどのようなことに気を配り、指導していますか?

本物の翻訳は、小手先の翻訳技術だけではできません。ところが現実は小手先の技術だけでつくられた「翻訳もどき」が世の中には蔓延しています。そうした風潮に惑わされず、本物の翻訳者になるためには何をすればよいのか、どういったことに気をつければよいのかを、受講生の皆さんにできる限りお伝えするようにしています。受講生はそれぞれ能力や個性、目標が異なるので、個々の違いに合わせた指導やアドバイスを心がけています。翻訳者養成コースは「プロ翻訳者」となるためのコースです。受講生がその新たなキャリアをいかに獲得できるか、常に考えながら指導しています。

Q2. サイマル・アカデミーだからこそ学べる点は何でしょうか?

「翻訳の『軸』が身についた」という受講生の声をよく耳にします。言葉に対してどれだけ真剣に向き合い、言葉の裏にある意味をいかに汲み取るか。そういった翻訳の本質を、長年培った経験をもとに、余すことなく受講生の皆さんに伝えたいと思っています。授業では、高度かつ実践的な教材を使い、優秀で熱心なクラスメートとともに厳しい訓練を行います。講師は、経験豊富な現役翻訳者がそろっています。先ほど述べたような「本物」の翻訳者を養成できるのはサイマルだけと自負しています。

Q3. 翻訳者をめざす方に、ぜひ身につけてほしい習慣などありますか?

自分自身の文章をたくさん書く習慣を身につけてください。それも日本語と英語の両方で書くことです。自分の考えが日英の両言語でうまく表現できなければ、優れた翻訳を行うことはできません。十分な知識も欠かせないので、できる限りたくさんの本を読み、教養と専門の知識を蓄えてください。そして、とにかく健康に留意すること。翻訳は体力勝負です。体を鍛えましょう!

Q4. 今求められている翻訳者とは?そんな翻訳者に必要な素質・スキルは何でしょうか?

圧倒的な日本語・英語の語学力、専門知識、翻訳技術、ビジネス感覚を兼ね備えた本物のプロ翻訳者であれば、どの企業やクライアントでも通用するでしょう。現実的には数多くの企業やクライアントは「安い・速い・うまい」翻訳者を求める傾向がありますので、「現代の翻訳者に必要な素質やスキル」としては、結果的にこれらすべての要素が求められることになると思います。

Q5. これから翻訳者をめざす方にメッセージをお願いします。

本コースの内容は、他の講座には決して真似のできないものです。「本物」の翻訳者をめざずには最適の場所だと思いますので、とにかく一度、サイマル・アカデミーの門を叩いていただければ幸いです。

翻訳者養成コースの詳細はこちら

体験レッスン

「体験レッスン」は、実際の授業と同じように行われるレッスンに参加していただき、プログラムの内容を事前により良く理解していただくものです。個別のご質問にもお答えいたしますので、ぜひご参加ください。先にレベルチェックを受けていただき、該当レベルにてご参加いただきますとより効果的です。

体験レッスンの日程はこちら

お問い合わせはこちら

サイマル・アカデミーに関するご質問、お問い合わせ・資料請求はこちらから。

お問い合わせ・資料請求