Latest News

ニュース

2018.10.09
9〜11月開催≪トップ通訳者・翻訳者に学ぶ≫実践ワークショップのご案内

【東京校】ネイティブ翻訳者が教える日英契約書翻訳ワークショップ 開講決定しました!(10/9更新)

【東京校・大阪校】通訳者・翻訳者向け実践ワークショップ
−トップ通訳者・翻訳者に学ぶ−
現在通訳者・翻訳者として活躍している方やこれまで通訳・翻訳の学習や訓練経験のある方を対象に、実践力を磨くワークショップを開催します。トップ通訳者や業界の第一線で活躍中の通訳者・翻訳者を講師に招いて最先端の話題や現場で求められる高い技術力について学べる絶好のチャンスです。ぜひ受講をご検討ください。

通訳者・翻訳者登録推薦制度
通訳者・翻訳者向け実践ワークショップには対象クラスをご受講後、講師推薦があった方を対象に株式会社サイマル・インターナショナルへの登録推薦制度があります。対象の方には、クラス修了後に事務局よりご連絡いたします。

実践ワークショップ概要(チラシ)
専用申込書/経歴書記入例
【東京校】ネイティブ翻訳者が教える日英契約書翻訳ワークショップ
【大阪校】医薬通訳セミナー GMP査察
【大阪校】英文契約書の読み方・訳し方
【大阪校】日英翻訳チェッカー講座
実践ワークショップの申込方法はこちら

【東京校】ネイティブ翻訳者が教える日英契約書翻訳ワークショップ 
法律用語や独特な表現を用いるため一見難解に思える契約書翻訳。しかし、実際には多くの場合ひな形があるので、コツをつかめば翻訳しやすい分野といえます。
今回のワークショップは法務翻訳で経験豊富な英語ネイティブ翻訳者が担当し、講義と翻訳演習の2部構成で契約書翻訳の知識とコツを効率的に習得します。定例表現だけでなく、ネイティブ講師ならではの高品質な英訳も学べるワークショップです。

【第1部】
法務文書の翻訳と通常の文書での翻訳の違いや的確な翻訳をする為に知っておくべきことなど、契約書の英訳について一から分かりやすく説明します。レイアウトをはじめ、決まり文句、「甲」「乙」「丙」や数字の扱いなど、翻訳時に悩む点も取り上げます。また、法務翻訳をする上で必要な情報、有益なリソースやツール、検索方法、最近の動向などもご紹介します。

【第2部】
実際の契約書から一般条項を中心に翻訳演習を行います。一般条項には、定義・契約期間・裁判管轄・準拠法・不可抗力・準拠法・知的財産権・反社会的勢力排除などが含まれ、どんな業種や種類の契約書でも取り決めておくべき一般的な条項です。実務で扱う頻度が高く、翻訳のコツを知っておくことは重要です。
※授業は日本語で行われます。
※事前課題はありません。受講後に出題し、講師が添削の上、返却します。

【対象者】1年以上の翻訳実務経験のある方(フリーランス/社内翻訳者)
※翻訳経験を証明する実績表をご提出ください。

受講期間時間帯受講校定員授業料申込方法
10/28(日)10:00-15:00*東京校12名¥23,760(税込)募集終了
 *授業時間は4時間です。記載の時間帯には休憩時間が含まれています。

【講師】キャシー・エベースト
イギリスシェフィールド大学卒。1988年大学卒業後来日。2001年からフリーランス翻訳者。2009年5月にオリアン株式会社を設立。主に契約書、社内規則・規程、提案の翻訳に従事。日本翻訳者協会会員。日本翻訳者協会法律翻訳分科会(JATLAW)運営委員。

【大阪校】医薬通訳セミナー GMP査察
GMP(Good Manufacturing Practice)は、医薬品の品質・安全性を保障するために遵守しなければならない製造管理・品質管理の基準です。本セミナーでは、GMPの基本的な考え方を踏まえた上で、会社概要・工場概要・製造工程などの説明、プラントツアー、文書照査、最終講評など、実際の査察の流れに沿って、通訳をする上で知っておくべきこと、必要な英語表現、準備の仕方などをわかりやすく解説します。査察官が何を求めているのか、質問やコメントの背景にあるGMP要件は何かを理解した上で通訳をすることは、査察を正確にスムーズにすすめるために重要です。また、データインテグリティなど最近の査察で重点を置かれるポイントも解説します。
※通訳の実践トレーニングはありません。
詳細はこちら(PDF)

【対象者】一定の通訳実務経験のある方 または 通訳訓練を修了されている方

受講期間時間帯受講校定員授業料申込方法
9/22(土)13:00-16:30大阪校15名¥10,800(税込)募集終了

【講師】松村美也
大阪外国語大学英語学科卒業。会社勤務、大学・専門学校講師などを経て、会議通訳者・翻訳者に。通訳実績:国際会議、国際訴訟などの他、FDAなどの規制当局・発注元製薬企業によるGMP査察・監査、FDA・厚生労働省によるGCP査察、GMP査察受入れ準備・コンサルティング・トレーニングなどの経験多数。また企業向けGMP査察セミナー講師も。翻訳実績:訳書「GMP文書のつくりかた」「医療・医薬品業界のためのリスクマネジメント入門」(薬事日報社)など。

【大阪校】英文契約書の読み方・訳し方   
英文契約書は企業や業界によって様々な種類やフォーマットがあり、また専門用語や契約書独特の英語表現が多いため、一見難しいと考えられがちです。しかし、基本構成を知り、特有の表現を覚えてしまえば、比較的苦労なく内容を正確に理解できるようになります。「用語集」をはじめとする豊富なテキストを使い、講義と講義前後の課題を効果的に組み合わせ、英文契約書の読み方、訳し方のコツをわかりやすく指導します。
詳細はこちら(PDF)
インターネット講座「英文契約書の読み方・訳し方」と一部教材が重複します。
※このクラスは事前課題があります。

【対象者】TOEIC 860点以上で、下記のいずれかに該当する方
・翻訳経験者
・翻訳訓練を受けたことがある方
・企業で英文契約に携わっている方

受講期間時間帯受講校定員授業料申込方法
10/7(日)・
10/8(月・祝)
13:00-17:30*大阪校12名¥45,792→¥41,212(税込)**募集終了
*授業時間は4時間です。記載の時間帯には休憩時間が含まれています。
**大阪校初開催記念価格(10%割引)となっております。


【講師】渡辺昇
慶應義塾大学経済学部卒業。三菱商事(株)に約30年間勤務。2005年からはサイマル・アカデミーで英文契約書講座の講師を担当。その他、主としてエネルギー問題、環境問題、契約書の翻訳に従事。

【大阪校】日英翻訳 チェッカー講座   
翻訳作業の重要なプロセスのひとつがチェック(校閲)です。チェッカーは誤訳、スペルミス、数字、単位、固有名称の定訳など、原文と訳文を照合しながらチェックします。翻訳を最終形態に仕上げる上で、極めて重要な作業です。このクラスは、サイマル・インターナショナルのチェックガイドラインを参考に、一般的なチェック手法について学習します。翻訳文書をチェックする事前課題も付いています。実際のチェッカーの仕事を知ることはもちろん、ご自身の翻訳の精度を上げるためにも有効な講座です。
詳細はこちら(PDF)
※このクラスは事前課題があります。

【対象者】TOEIC 860点以上で、下記のいずれかに該当する方
・翻訳経験のある方
・翻訳訓練を受けたことがある方
・それに準ずるレベルの方

受講期間時間帯受講校定員授業料申込方法
11/3(土・祝)13:00-16:00大阪校12名¥17,172(税込)募集終了

【講師】三宅靖子
大学卒業後、機械部品メーカーで輸出関連業務を担当。退職し、サイマル・アカデミーの英日翻訳コースに入学、受講中から校閲業務を開始。現在は、英日翻訳や日英・英日翻訳の校閲に従事。

▼申込方法▼
①クラス申込
専用申込書(PDF)に申込クラス・通訳・翻訳学習歴等をご記入いただき、通訳・翻訳実績表※と併せて申込締切日までに受講する校舎の事務局へご提出ください(電話・FAX・郵送可)

実践ワークショップの受講には通訳・翻訳実績表の提出が必要です(英語レベルチェックは不要)
専用申込書下の実績表記入例を参考に、ご自身で作成したものをご提出ください(フォーマットは自由、FAX・郵送可)
専用申込書/実績表記入例

申込締切
≪東京校:日英契約書翻訳ワークショップ≫ 10/16(火)まで
≪大阪校:日英翻訳 チェッカー講座≫ 10/23(火)まで
※開講が決定したクラスには、上記申込締切以降も残席があれば、お申し込みいただけます。開講および残席の有無に関しては各校にお問い合わせください。

②クラス開講決定のご案内
クラス開講の有無をお知らせする書類は、申込締切後、1週間以内に発送予定です。
※各クラスとも定員に達した場合は、原則としてお申し込み順に優先的にご案内します。
 最少開講人数に満たない場合は、開講されないことがあります。

③学費納入
クラス結果通知に記載の期日までにお手続きをお済ませください。
※開講後の中途解約はできません。
※入金後の返金はお受けしておりません。
※事前課題があるクラスは、開講決定後にご案内します。

④クラス開講
クラス初日にサイマル・アカデミー東京校/大阪校まで直接お越しください。

ご不明点などございましたら、サイマル・アカデミーまでお問い合わせください。
  • 東京校 TEL:03-6226-3120 FAX:03-6226-3331
    (平日 10:00〜20:00 / 土・日 11:00〜17:00)
  • 大阪校 TEL:06-6910-1905 FAX:06-6910-1906
    (火・水・木 13:30〜20:00 / 土 11:00〜17:00)

ニュース 一覧ページへ