講座詳細

講座の選択に戻る

通訳者が教える中国語講座 初級

講座

  • 全10回
  • 課題添削 1回
  • 受講期間 約6カ月

受講料 36,720円(税込)

通訳者が教える中国語講座 初級

講師

毛 燕(中国語会議通訳者、サイマル・アカデミー講師)

対象

  • 半年~1年程度の中国語学習経験があり、さらにしっかりとした中国語の基礎力を身につけたい方。
  • 大学の第2外国語等で学習経験があるが、改めて中国語を始めたい方など。

中国語検定4級~3級(本講座はすべて日本語で行われます)

教材

テキスト(PDF)、演習課題音声(MP3)

ご注意

ICレコーダーなど、音声を録音できる機器が必要です。

通訳訓練法で実践的な中国語力を身につける

中国語は発音がとても大切な言葉です。日本語と同じ漢字も多くあるため、文字を見て理解することはもちろん大切ですが、中国語の発音やリズムを身につけるには、自分で声に出して練習することが不可欠です。

「通訳者が教える中国語講座 初級」では、日常生活やビジネスシーンを想定した会話形式のテキストを通して、文法や会話表現などの中国語の基礎力を高めます。同時に、音読やシャドーイング、ディクテーション、リテンションという通訳訓練法を練習に取り入れることで、中国語独特の発音、リズムも効果的に身につけていきます。

サンプル動画を再生
  • 受講の流れ
  • カリキュラム
  • 講師から
  • 講師紹介

受講の流れ

1

教材をダウンロード

教材は受講画面からダウンロードできます(PDF形式)。国内の方はプリントアウトしたものをお送りしています。

2

レッスン動画を視聴

動画を視聴してレッスンを受講します。
受講画面には全レッスンが掲載されているので、ご自分のペースで受講できます。

演習音声(MP3形式)をダウンロードすれば、携帯音楽プレーヤーでも学習できます。

動画はiPhone 4以降、iPadに対応。PCを開かなくても快適に視聴できます。

3

課題を提出

課題添削で学習の成果を確認できます。
受講画面から課題を録音した音声を提出してください。添削後、評価表をお送りします。

評価のサンプル

最初のブロックへページの先頭へ

カリキュラム

レッスンタイトル 内容 時間
1 家族
(基本文法の確認1)
自分と家族についての紹介文を通して、“是”の文、形容詞の文、前置詞“在”、動詞“有”“在”、助動詞“想”、動詞述語文 などを確認します。 約36分
2 家族
(基本文法の確認2)
第1課に引き続き、家族についての紹介文を通して、連動文、完了・実現を表す“了”、現在進行の表現、近い未来の表現“快要/就要~了”、“是~的”構文、数量詞 などの表現を確認します。 約42分
3 自己紹介
(様態補語)
初めて中国に赴任して現地の中国人に会う場面をテーマに、「自己紹介」の表現と「様態補語」を学習します。また、この課から、通訳訓練法を取り入れた練習が始まります。第3課では、シャドーイングに挑戦します。テキストを見ながら聞こえてくる中国語音声を声に出して繰り返すことで、スピードやリズム、声調を身につけます。 約41分
4 予約
(結果補語)
レストランに電話をかけて予約する場面をテーマに、「予約」の表現と「結果補語」を学習します。また、通訳訓練法を取り入れた練習として、ディクテーションに挑戦します。第4課では、穴埋め形式で、本文の要旨を把握するのに必要な単語を書き取る練習です。 約32分
5 ショッピング
(“把”構文)
旅行先の中国でのショッピングをテーマに、「ショッピング」に関する表現と「“把”構文」を学習します。通訳訓練法を取り入れた練習では、リテンションに挑戦します。キーワードを頼りに聞こえてくる音声を声に出して繰り返していきます。 約33分
6 道順の尋ね方
(方向補語)
目的地までの行き方を尋ねている場面をテーマに、「道順の尋ね方」に関する表現と「方向補語」を学習します。今回は、第4課で練習したディクテーションで、全文書き取りに挑戦します。 約43分
7 料理の注文
(可能補語)
レストランで注文する場面をテーマに、「料理の注文」表現や中国語のメニュー、「可能補語」を学習します。また、第3課で練習したシャドーイングに再度挑戦し、できるだけテキストを見ないで、聞こえてくる音声だけで、ついていけることを目指します。 約48分
8 趣味
(使役・受身)
「趣味」についての会話をテーマに、「使役・受身表現」を学習します。通訳訓練法を取り入れた練習では、第5課で取り上げたリテンションに再度挑戦します。今回は、キーワードなしに、聞こえてくる音声を繰り返す練習です。 約46分
9 電話のかけ方
(複文・呼応表現1)
中国の企業に電話をして伝言を残す場面をテーマに、「電話のかけ方」に関する表現と「複文・呼応表現」を学習します。また、第3課、第7課で練習したシャドーイングを取り上げ、ICレコーダーで練習音声を録音することで、自分の発音・四声を確認します。 約37分
10 診察
(複文・呼応表現2)
病院での「診察」をテーマに、第9課に引き続き、「複文・呼応表現」を学習します。第4課、第8課で取り上げたリテンション練習を、今回もICレコーダーで録音し、自分の弱点を確認することで、中国語のレベルアップを図ります。 約46分

最初のブロックへページの先頭へ

講師から

受講者のみなさまへ

中国語は日本語と同じく漢字を使う言語であることから、日本人にとって親しみやすい反面、日本語と違って声調があり、母音や子音の発音も異なるので、他の言語を学習するときと同様に、発音やリスニング、スピーキングの反復練習が大変重要です。
通訳者が教える中国語講座では、インターネットでも効果的に聞く・話す力をアップさせることができるように、通訳訓練法を取り入れています。

私自身も通訳者になる前にサイマル・アカデミーで通訳トレーニングを受けた際、シャドーイング、リテンションなどの訓練法を教わりました。通訳者として仕事をしはじめた頃、その効果を実感したのを今でも覚えています。
この講座でもこれらの通訳訓練法を用いてレッスンを進めていきます。最初は難しい訓練法もあるかと思いますが、皆さんも繰り返し練習することでこの方法に慣れて、一緒に学習を進めて行ければ幸いです。

最初のブロックへページの先頭へ

講師紹介

毛 燕

中国語会議通訳者、サイマル・アカデミー講師

中国・北京市出身。対外経済貿易大学卒業。中国対外経済貿易省(現商務省)勤務の後、来日。社内翻訳・通訳を経て、フリーランスの中国語通訳者・翻訳者に。サイマル・アカデミーでは、通訳者養成コース、翻訳者養成コースに加え、中国語運用能力を強化する総合中国語でも後進の指導にあたっている。

お申し込み受付中

通訳者が教える中国語講座 初級

受講期間

お申し込み当日から180日間

2019年03月21日 から
2019年09月16日 まで

受講料

36,720円(税込)

カートに入れる

お申し込みの前に

受講に使用する環境でレッスン動画のご試聴に支障がないか、事前に動作確認用動画でご確認ください。
また、お支払い手続き後のキャンセルはお受けできません。

受講にあたって

教材について
すべての教材はマイページからダウンロードできます。日本国内の方には、プリントアウトしたものをお送りします。
再受講特典のご案内
講座・セミナーの再受講をご検討の方に特典があります。