FAQ

サイマル・アカデミーに関するよくある質問をまとめてみました

Q1. 入学は随時できますか?

各コースの開講時期に入学を受け付けています。レギュラーコース(4月・10月開講)では、一部のコースを除き途中入学可能な期間がございます。 その他、短期プログラム(夏期・春期)もご用意しています。
開講スケジュールはこちら

ページトップへ

Q2. 年齢制限はありますか?

お申し込みは、高校卒業以上、もしくは19歳以上とさせていただきます。

ページトップへ

Q3. 授業は見学できますか?

授業の見学は行なっておりませんが、開講前に実際の授業同様に行う体験レッスンがございます。 また、体験レッスンの実施時期以外でも、コースに関するご説明を随時行なっておりますので、お気軽にお問い合わせください。
体験レッスンのスケジュールはこちら

ページトップへ

Q4. 入学試験はありますか?

英語コースでは、いずれのクラスの受講もレベルチェック(無料)が必要です。 また、通訳者養成コース・翻訳者養成コースをご希望の場合は、レベルチェックに加えて通訳テスト・翻訳テスト(有料)も必要となります。
レベルチェックについて
通訳テスト・翻訳テストについて

中国語コース、フランス語コースは入学試験(有料)を受験していただきます。試験は筆記と面接があり、その結果によってご案内するクラスが決定します。
中国語コースの入学試験について
フランス語コースの入学試験について

ページトップへ

Q5. どのような講師がクラスを担当しますか?

通訳者養成コース・翻訳者養成コースでは、第一線で活躍する現役のプロ通訳者・翻訳者が指導します。なお、翻訳者養成コースの日英クラスはすべて英語ネイティブ翻訳者です。また、語学力強化コースではTESOLやTEFL、もしくはそれと同等の資格を取得した英語ネイティブ講師が担当します。
講師からのメッセージ

ページトップへ

Q6. どのような方が受講していますか?

クラスによって異なりますが、社会人を中心に、大学生からシニアの方まで幅広い世代の方が在籍しています。夜間や土・日の授業もありますので、平日忙しい方でも無理なく通学いただけます。

ページトップへ

Q7. 授業を欠席した場合はどうなりますか?

クラスは固定スケジュール制のため、授業の振り替えはありません(大阪校 カレント・ニュース除く)。欠席時に配布したプリントなどの教材や、授業内容・宿題について記入された授業記録は、授業後に事務局でお受け取りいただけるほか、メール送信(一部クラス除く)、郵送サービスがあります。 また、コースによっては授業で使用した音声教材を視聴できるキャッチアップ・ライブラリーのサービスがありますので、復習などにお役立ていただけます。

ページトップへ

Q8. 宿題はどれくらい出ますか?

コースにより異なりますが、宿題は毎回出ます。クラスやその日の授業内容によって異なりますが、語学力強化コースの場合は1〜2時間程度で終えられる量になります。 通訳者養成コースの場合は次回の授業の予習が中心となり、翻訳者養成コースの場合は事前配布された課題を翻訳し、期限内に提出することが宿題となります。

ページトップへ

Q9. キャリアサポートはありますか?

受講生・修了生を対象にグループ企業と連携しながら、学んだ語学がキャリアに結びつく場と機会を提供しています。

■サイマル・インターナショナル
通訳・翻訳などのコミュニケーションサービス事業で定評がある、サイマル・インターナショナルへの通訳者・翻訳者としての登用の機会があります。
卒業生の声

■サイマル・ビジネスコミュニケーションズ(SBC)
SBCは語学に特化した人材派遣・人材紹介会社。英語の場合、TOEIC800点以上の方から登録いただくことが可能です。実力に応じて様々な職種で経験を積むチャンスが得られます。

■リンクトランス・サイマル(LTS)
リンクトランス・サイマルにはビジネス文書の翻訳を提供するファスト・トランスレーションと医薬翻訳を提供するサイマル・メディファーマ・トランスがあります。サイマル・アカデミーを修了した方も翻訳者として活躍されています。書類審査、試訳を経て、翻訳者として登録する機会があります。
LTS登録者の声

キャリアサポートについて

ページトップへ

Q10. 進級は何を基準に判断されるのですか?

出席率、宿題、テストの成績、クラス内でのパフォーマンスなどが総合的に評価され、進級の判定がでます。東京校の準備コースでは、学期末の評価や期末テストで進級判定が出た方は通訳者養成コース・翻訳者養成コースへ進むことができます。

ページトップへ

Q11. 中国語が母語なのですが、入学に必要な日本語力はどのくらいですか?

日本語による高いコミュニケーション能力をお持ちであることが前提となり、目安として日本語能力検定1級またはN1レベル以上の日本語力が必要です。 また、東京校では通訳者養成コース基礎科・本科I、翻訳者養成コース本科に中国語を母語とする方を対象としたクラスがあります。
中国語コースについて

ページトップへ

Q12. 通信教育で受講することはできますか?

「サイマル・アカデミー インターネット講座」にて、通訳・翻訳・英語学習・中国語学習の講座をご提供しています。インターネットで配信されるレッスン動画を視聴するスタイルの講座で、受講期間中であれば、何度でも繰り返しレッスンが受けられます。インターネット講座に限り、レベルチェックは不要です。 なお、通学制のコースとはカリキュラムが異なります。
サイマル・アカデミー インターネット講座について

ページトップへ

Q13. 法人向けの語学レッスンやサービスはありますか?

企業や団体を対象にした「語学講師派遣サービス」を、サイマル・アカデミー法人事業部にて承っております。その他、プライベート研修やオンラインで受講できる「Simul Web Class」も提供しており、学習目的やご希望に合わせてカリキュラムをご提案します。
サイマル・アカデミー法人語学研修サービスについて(外部サイトへリンクします)