SIMUL CAFE

英語の上達のコツ「シャドーイング」とは

英語の上達のコツ「シャドーイング」とは

英語上達の効果が高いことで注目されている「シャドーイング」という勉強方法をご存じですか? もともとは同時通訳者のための訓練方法として知られていましたが、実はリスニングやスピーキングの強化など英語学習者にも大変役立つ勉強方法なのです。そこで今回は、英語上達のためにぜひ取り入れていただきたい「シャドーイング」について解説していきます。

シャドーイングとは

「シャドーイング(Shadowing)」は、英語を聞きながらそれを真似して発音する通訳訓練法のことです。英文を聞き終えてから繰り返す「リピート」とは異なり、シャドーイングは、聞こえてくる英文のすぐ後ろを影(shadow)のように追いかけるのがポイントです。「聞く」、「発音する」を同時に行うわけですから、難易度の高い学習法ですが、ポイントをしっかりおさえて繰り返し練習することで、確実に英語スキルは上達していくはずです。

シャドーイングで期待できる効果

シャドーイングが英語学習の方法として注目されている理由は、ネイティブスピーカーならではの「発音」、「英語のリズム」、「音の強弱」、「イントネーション」などを改善し、より伝わりやすい英語を身につけることができるからです。練習を重ねることで「リスニング力」、「スピーキング力」、「語彙力」の強化にも繋がります。

リスニング力の強化

シャドーイングの大切なポイントは、「聞こえてくる英語と全く同じ発音・スピードで」繰り返すことです。そのためにはとにかく集中して聞く必要があります。繰り返し練習することで英語のスピードに慣れ、これまで聞き取れなかった単語がわかるようになっていきます。

スピーキング力の強化

繰り返し聞いて発音することで、英語独特のイントネーションやリズム、区切り方などを自然に身につけることができます。また、スピーチの意味にも注意を向けて、あたかも自分がスピーチしているかのようにシャドーイングができるようになると、スピーキングに対する苦手意識を克服できるだけでなく、「相手に伝わる英語の話し方」が身につき、スピーキング力の向上に繋がります。

語彙力の強化

英文をそっくり真似するシャドーイングは、自分で声に出しながら練習するので、ただ単語だけを覚えるよりも、圧倒的な語彙数を身につけることができます。ただし、そのためには意味のわからない単語はしっかりと調べることも大切です。

シャドーイングの方法

では、どのようにしてシャドーイングを行えばよいのでしょうか。具体的な方法を以下で紹介します。

1.リスニング

まずはテキストを見ずに全文を聞きます。何の話題について話されているのか、ざっくりと全体の意味をつかんでみましょう。

2.シャドーイング(1回目)

テキストを見ずに、聞こえてくる英文だけを頼りにシャドーイングします。シャドーイングの音声は録音して、後で確認できるようにします。途中でつまずいても止まらず次に進むことが大切です。発音、イントネーション、リズムに注意しながらシャドーイングをしていきましょう。

3.録音した音声を確認

自分のシャドーイング音声を聞いて、発音できていなかったところ、ついていけなかったところ、英語のリズムやイントネーションなどを確認します。発音できていなかった単語はもちろん、しっかり声を出してリズムの良い、抑揚のある読み方になっているでしょうか?

4.トランスクリプト(テキスト)を確認

トランスクリプトを見て、文章全体の内容やメッセージを把握したり、聞き取れなかったり単語やわからない単語の意味を確認します。

5.シャドーイング(2回目)

テキストを見ずに録音もしながら2回目のシャドーイングに挑戦します。文章の意味や単語を確認した後なので、1回目よりもできているはずです。また、1回目で声が小さかったり、抑揚がないシャドーイングをしていた場合は、その点にも注意しながら練習すると効果的です。慣れてきたら文章の意味にも意識を向けながら、練習を重ねていきましょう。

シャドーイングをするときの注意点

シャドーイングをするときの注意点として以下の点が挙げられます。

しっかり声を出して練習する

聞こえてくる音声をただ真似て発音しているだけでは効果は出ません。スピーキング力アップのためには、まず伝わる声で話しているかがとても重要です。ぼそぼそと小さい声で音声についていくのではなく、大きな声でしっかり声を出して練習しましょう。

自分の練習音声を録音すること

しっかり声を出してスムーズに発音できているかなどを確認するためには、自分のシャドーイング練習の声を録音するのがお勧めです。自分の声を録音するのは、最初は少し抵抗があるかもしれませんが、どこが発音できていないのか、ごまかしてしまっている箇所はないかを把握することで、自分の弱点を確認することができます。

自分に合った教材を使うこと

教材は、難しすぎても簡単すぎてもよくありません。自分のレベルに合った教材を選ぶことも大切です。最近はトランスクリプト(テキスト)付きの音声教材がインターネットで簡単に入手できますので、「理解できて、興味が持てる内容」を選んでみましょう。
いきなり何も見ずにシャドーイングは難しいと感じたら、トランスクリプトを先に見る、またはトランスクリプトを見ながらシャドーイングをするという方法もあります。
ひとつ良い教材が見つかったら、完全にマスターできるくらいまで何度も練習することも大切です。

情景を思い浮かべながら

シャドーイング練習に適した音声教材は、できれば「誰かに向かって語りかけているスピーチ」を使うと良いでしょう。例えば、TEDなどはお勧めです。ただ英文を真似して繰り返すのではなく、話している人の感情や抑揚、周りの風景などを想像しながらシャドーイングを行うことで、相手に伝えるためにスピーカーが工夫している英語の強弱など、より使える英語が身についていきます。

シャドーイングには英語学習者にとっても多くのメリットがあります。ぜひ学習に取り入れて英語を上達させていきましょう。

お問い合わせはこちら

サイマル・アカデミーに関するご質問、お問い合わせ・資料請求はこちらから。

お問い合わせ・資料請求