講師インタビュー:中島 明子先生(通訳者養成コース)

“現場につながる”授業を通し多様なスキルをもつ通訳者を養成

プロの通訳者の視点から現場に必要な能力を培う

1965年、日本初の国際会議通訳集団として設立されたサイマル・インターナショナル。その教育機関であるサイマル・アカデミーは、現役で活躍する通訳者たちが講師を務め、主要国首脳会議など国際舞台で活躍する通訳者を数多く輩出している。

本校の出身者である中島明子先生も現役の通訳者。臨機応変に、あらゆる場面に適応できる通訳者を育てるべく、授業では常に現場につなげること≠意識している。

「通訳者には語学力はもちろん、コミュニケーション能力や適応力などのスキル、何でも積極的に学ぼうとする好奇心、失敗にとらわれない気持ちの切り替えなど、多くのことが求められます。ですので、授業では今学んでいることが現場でどのように役立つのかを必ず説明します。例えばパラフレージングを行うときは、現場で単語が浮かばなくても、即座に違う言葉に言い替える技術を身に付けるための訓練である≠ニ説明。その結果、目的が明確になり、意欲的に授業に臨めるのです」

また、生徒がさまざまなバックグラウンドをもつこともサイマル・アカデミーの特長のひとつだ。

「授業は、それぞれの生徒がもつ知識や経験などを全員で共有できる場。そのため、できるだけ生徒の発した言葉や表現を活かしたアドバイスを心掛けています。私自身もサイマル・アカデミーで学んでいたときに先生やクラスメートと過ごした時間が、現在、通訳者として仕事をするうえでの宝になっています。卒業後もそのネットワークが続き、お互い切磋琢磨できるのは大きな魅力です」

中島先生の指導のもと、今後多くの通訳者が誕生し、さらなるネットワークが広がっていくだろう。

「通訳・翻訳キャリアガイド2018」(The Japan Times)より転載

通訳者養成コースの詳細はこちら

お問い合わせはこちら

サイマル・アカデミーに関するご質問、お問い合わせ・資料請求はこちらから。

お問い合わせ・資料請求