講師メッセージ

難波寿太郎

難波寿太郎

通訳者養成コース講師

京都大学文学部卒。サイマル・アカデミー大阪校通訳者養成コース卒業。日本万国博覧会協会、三菱重工業の専属通訳者、大阪女学院大学特任講師等に従事。現在、エネルギー、技術交流、各種業務監査等の分野で会議通訳も務めている。本校講師歴は25年。

現役会議通訳者の講師が実体験に基づいた指導と実践的な教材で、
本物のプロ通訳者を育成します

通訳者養成コースでは、一人ひとりパフォーマンスを随時確認できる少人数編成で授業を行います。入口の段階では作成教材も使用しますが、以後は著名人のスピーチや実際の通訳現場でのスピーチ等、躍動感あふれる生教材を使用します。また、通訳経験豊富な複数の現役会議通訳者が指導することで、通訳者本人の個性も含め、通訳方法にもいろいろなスタイルがあることを実感していただけます。
通訳者は話し言葉を操らなくてはなりません。そのためには、我々の日常の話し言葉がいかに書き言葉と異なっているかをまず認識し、その上で自分の口の動きをコントロールできることが必要です。また、通訳とはスピーカーが話した言葉ではなく、「相手に伝えようとした意味」を伝える作業です。日頃私たちは自分の考えを表現するために言葉を使いますが、通訳者の場合は他人の考えを自分の話し言葉として表現する必要があり、慣れるまでは想像以上に苦しいプロセスです。
授業では個人的特長はできる限り活かしつつ、修正すべき点は早い段階ではっきり指摘しています。通訳者をめざす方は「今日本や世界で何が起こっているか」に敏感になってください。そして日常生活で使用する話し言葉の表現に常に耳を澄まし、活用できるものは何でも吸収する努力をしてください。

体験レッスン

「体験レッスン」は、実際の授業と同じように行われるレッスンに参加していただき、プログラムの内容を事前により良く理解していただくものです。個別のご質問にもお答えいたしますので、ぜひご参加ください。先にレベルチェックを受けていただき、該当レベルにてご参加いただきますとより効果的です。

体験レッスンの日程はこちら

お問い合わせはこちら

サイマル・アカデミーに関するご質問、お問い合わせ・資料請求はこちらから。

お問い合わせ・資料請求